新まにあリュージョン!

霊感なしのスピリチュアルオタク

地域

熊本地震後一ヶ月たって初めて熊本方面の様子を見に行くと、瀬田神社が・・・

地震の後、九州横断道路とも呼ばれる国道57号線は、阿蘇と大津町の中間に位置する立野付近が大きく崩落して通行止めとなりました。 そこはちょうど阿蘇の神話に出てくる、阿蘇神社の神様である健磐龍命(タケイワタツノミコト)の伝説が残る地です。かつて巨…

GW直後の白川水源は、貸し切り状態でした。

GW直後に一日で巡った、幣立神宮からスタートした神社のハシゴシリーズ、最後は白川水源です。 水源の一番奥に、白川吉見神社という名の神社があります。 由緒書きを見ると阿蘇神社の末社となっていますが、祭神は国龍命とミズハノメです。さらに吉見という…

くしふる神社にも、タケミカヅチの名前が・・・

引き続き、熊本地震後の神社ハシゴシリーズです。 宮崎県高千穂のくしふる神社にも行きました。「くしふる」の漢字変換ができないので、由緒書の文字をアップにしたら、ガラスに私が映り込んでいました。決して怪しい者ではありませんからね。 その由緒書き…

地震後の高千穂神社は、静かな雰囲気でした。

神社のハシゴシリーズ(?)、今回は高千穂神社です。 一応私なりの聖地巡礼というか、安全祈願を兼ねたレポートです。 高千穂あたりは被害が大きかったというウワサを聞いていたのですが、高千穂神社は被害の形跡はなかったようです。 ちょっと神社と話題が…

草部吉見神社は熊本地震の被害はなさそうでした。

幣立神宮を訪れた日は、ついでとばかりに5か所くらい神社のハシゴをしました。そのうちの一つは、奥阿蘇の草部吉見神社です。 実は、行こうかどうか少しばかり迷っていました。というのは、最初に幣立神宮に行った時、小雨が降っていて肌寒い気候も手伝って…

地震後に釈迦涅槃像の顔、根子岳の形が少し変わったような気がするのは気のせいじゃなかった

熊本地震で阿蘇神社の楼門などが崩落したのは本当にびっくりしましたが、地震直後から一夜明けた16日は好天に恵まれました。 本当にあの激震があったのだろうかと思うような爽やかな午後だったのです。あの気候に元気づけられたのは私だけではないと思います…

国造神社は阿蘇神社程の被害はなかったようでした

地震と言えばナマズ、ナマズと言えば国造神社です。 そんなわけで、すぐにでもお参りに行きたかった国造神社ですが、地震直後の外輪山沿いは、物見遊山で行くべきではない場所です。たまたま熊本地震から2週間後の4月30日に仕事が早く引けたので、行ってみま…

地震でご心配をかけた方々へ。とりあえず、近況です。

熊本を襲った大地震。 阿蘇に住んでいる割には、まだ被害は少なかった方の私ですが・・・ 14日の熊本市内の地震は結果的に前震だったとのことですが、15日深夜の阿蘇の地震は本当にびっくりしました。 停電になったので電気がつかず、とりあえず手探りでケー…

まさか、阿蘇神社がこんなことになるなんて・・・

阿蘇神社の楼門が崩れたという話は、15日の深夜にすでに噂で入ってきました。嘘だろうと思ったら、どうやら本当のようでした。 4月16日に、見に行きました。目を疑いました。 本当に、こんな現実が、自分が生きている間に起こるなんて。 信じられませんが、…

阿蘇の神話で健磐龍命がナマズを灰にしたという伝説の地を眺めながら考える

阿蘇の神話では、阿蘇カルデラはもともと巨大な湖でした。健磐龍命(タケイワタツノミコト)一部をけり崩して、湖を干上がらせると、巨大なナマズが現れました。 そのナマズを切り殺し、焼いた場所が灰塚という地名で残っています。 ある朝、たまたま雲海と…

阿蘇神社の祭神、健磐龍命は実在したってことでしょうか。

今年初めに、阿蘇神社へ初詣に行きました。お札を買った後で、社務所でそれらの販売をしている方のうちの一人の方が、国造神社の神職さんでした。私はこの方の地元での講演を聞きに行ったことがあります。もちろん、先方は私の事は知らないでしょうが。 普通…

阿蘇の霜宮と妙見信仰

地元の阿蘇の神社の話題です。霜宮は、鬼八伝説とは似つかわしくないような、清々しい場所で、初めて訪れて以来すっかり気に入りました。あまり使いたくない言葉ではありますが、私はパワースポットだと思っています。 過去記事の使いまわし写真ですが、この…

押戸石のペトログラフって見えづらすぎで、発見者はよく見つけたなと思う

これももう、去年の10月の話ですが、押戸石の巨石群に行ってきました。 シュメール文字でペトログラフが刻まれているという、神秘の場所です。 パワースポットという言葉が一般的になっていくのと同時並行でクローズアップされてきたような印象を受けまし…

阿蘇から高森の道沿いで、ずっと気になっていた天狗神社へついに行ってみた

私だけじゃないと思うのですよね。 阿蘇の坂梨から高森町に行く国道265号線の、「天狗神社」の案内版が気になるのは。 で、ある時行ってみました。といってももう昨年10月の話ですが。 この案内板を頼りに入ってみると、道はすぐに細くなりました。 そして定…

熊本県高森町の熊野神社とほげと岩に偶然立ち寄った話

もうこれは一年近く前の話になってしまいます。 昨年の冬は幣立神宮を中心に南阿蘇側から宮崎高千穂まで、ほとんど週に一回近く通っていました。一つ目的地を決めていても、その過程で新しく神社の看板を看板を見つけてしまい、時間がなかったら次の週に行く…

元日の阿蘇神社に行ってきました

本当に久しぶりに、暖かく過ごしやすいお正月となりましたね。 そのせいでしょうが、夕方の5:30くらいまで阿蘇神社へと続く国道の渋滞がありました。きっと、渋滞はもっと遅くまで続いていたと思います。 裏道を知っていると簡単にたどりつけるのですが、有…

今度はだんだん、国龍神が気になって仕方がなくなってきました。 その3

瀬織津姫情報を探している時に「梨木平の桜」さんのブログを見つけた時には、本当にびっくりしました。阿蘇山の女神である阿蘇津姫が、瀬織津姫だという情報。 しかし今回、それに近いくらいびっくりしたのが、このブログの記事です。 ameblo.jp アメーバブ…

今度はだんだん、国龍神が気になって仕方がなくなってきました。 その2

考えてみたら国龍神については、古事記には載っていない、阿蘇の草部地方に伝わるエピソードを先にご紹介しないとこの先チンプンカンプンですね。 このブログで断片的にご紹介したことはあると思いますが、以前、草部吉見神社の記事を書いた時にはほとんど古…

今度はだんだん、国龍神が気になって仕方がなくなってきました。

瀬織津姫については阿蘇津姫のことを知ったので、全部ではありませんが、かなりモヤモヤが晴れました。 しかしもう1つ、阿蘇山が女性の神様であるという直感を得たのと同時期に、「龍」というキーワードも妙に心にひっかかっていました。 これも約一年前の阿…

高森殿の杉を見て想う 無用の用と浮く宝

高森殿の杉を見に行ったのは、もうかなり有名になってからでした。 テレビ番組の「ナニコレ珍百景」だったかで話題になったらしいのですね。私の住んでいるところからは、阿蘇山の反対側にぐるっと回るだけで行ける場所です。まさか、こんな近くにこんな巨木…

行き当たりばったりでたどり着いた十根川神社とその大杉と、ついでに白滝

今時珍しいかも知れませんが、私はカーナビを持っていません。 道はスマホで調べることもできるのですが、休日はあまり頼りすぎずにプチ冒険ドライブ感覚です。 一応、目的地はあります。この日は宮崎の五ヶ瀬方面。祇園神社と妙見神社です。 で、何を間違え…

阿蘇高森の祖母神社って阿蘇都媛の神社だったのですね

阿蘇都媛、いや、阿蘇津姫と書いた方が一般的ですが、もちろん阿蘇では有名な健磐龍命の妻神です。美しいお姫様のイメージの神様が、祖母、つまりおばあちゃんってなんだかピンときませんね。だから私はてっきり、この神社は祖母山の名前からきているものだ…

速瓶玉命の妃神の雨宮媛命は阿蘇神社に祭られていないのが不思議。

国造神社の主祭神は、速瓶玉命(はやみかたまのみこと)です。 その速瓶玉命の奥さん、いや妃神は雨宮媛命と言って、もちろん国造神社では主役の旦那さんに次ぐ二宮として祭られています。しかし不思議なのは、阿蘇神社の中心である健磐龍命の家族が十二宮も…

とうとう行ってきました鍋ヶ滝。ついでに写真に入る薄い緑やピンクの光の理由がやっとわかっちゃいました。

テレビのCMで話題となった裏側を見ることができる滝、鍋ヶ滝。いつか行きたいと思っていたのですが、とうとう行ってきました。 10月の話なのですが、平日にもかかわらず普通に観光客の方が結構いらっしゃいました。私が行くような神社とか観光地は大抵マイナ…

結局、浄土寺牧に行くことになってまたびっくりした話

今週のはてなのお題が、「さむい」だったんです。 これはもう、古閑の滝にいくしかないなと考えました。有名な冬になると凍る滝が、ASO田園空間博物館のサテライトでもあるんです。一石二鳥です。 それがまさか、こんな結末になろうとは。 古閑の滝に行く途…

草部吉見神社へも行きました

幣立神宮の帰り道に、草部神社へも行ってきました。これも看板を見て、思いつきで行ったのです。 後で調べると、ここは幣立神宮と表裏の関係にあるとのことです。が、幣立神宮では参拝客の方が「幣立神宮は阿蘇神社と表裏の関係にあるらしいんだけど」と、私…

幣立神宮5 五百枝杉(いおえすぎ)など

幣立神宮紀行シリーズ最後は、ご紹介し忘れていた巨木の、五百枝杉(いおえすぎ)です。 神宮へのルートはいくつかあり、正面の階段から入ると見落とすかもしれません。見事な巨木です。確か、昔来たときは杉をはさんで反対側の道を通れたはずです。この杉が…

幣立神宮4 マッカーサーの十字架訪問?

幣立神宮には不思議なものがいっぱいあります。 聖徳堂のすぐ横にあった石碑。 何やら、文字が書いてあります。 昭和天皇と戦争終結にまつわるエピソードのようです。 「銃剣によって又は他の武器の使用によっては永遠の平和は樹立されるとは考えられぬ 勝利…

幣立神宮3 聖徳堂と、聖徳太子論

前回と同じ写真から入りますが・・・ 私は聖徳太子が大好きですから、ここに聖徳堂があったとはびっくりサプライズでした。 しかし多分、三国志の関羽廟のようなもので、ここに聖徳太子にまつわるエピソードとかは無いのでしょうね。 聖徳太子って、実在の人…

幣立神宮2 東御手洗など

前回の続きで幣立神宮のお話です。 東御手洗です。神宮本殿の裏手を下っていくとあります。 この2つの湧水は水質が違うらしいのですが、その情報も後でネットで知ったので、ここでは右側の水を頂きました。おいしかったです。 通は2本の空ペットボトルを持参…

超有名なパワースポット 熊本の幣立神宮紀行

最近の休みのことです。朝起きて、なんとなく幣立神宮に行こうと思いたちました。行くのは初めてではありません。前回はもう15年以上前になります。 地元の阿蘇一の宮町からは、阿蘇山のちょうど反対側にいくことになります。阿蘇山の東側ルートを通ると、…

12月15日以降の噴煙と火山灰情報と阿蘇神社と、風宮神社でなぜか女神を意識した話

12月15日の阿蘇山は、けっこうごっつい噴煙が上がりました。 これもまた、見ようによっては龍の横顔みたいです。 もしかして、日にちに記憶違いがあったらすみません。 この夕方からの噴煙で、自宅のある阿蘇市一の宮町方面は日が沈むと闇夜になりました…

熊本県阿蘇の中通古墳を偶然見つけた話

私が住んでいる阿蘇市の、それもすぐ近くに古墳群というのがあることは以前から知っていました。 でも古墳って、言ってみれば土を積み上げた小山で、歴史学上は大事な資料かも知れないけどあまりに地味だと思っていたんです。神社仏閣の方が観光には興味を引…

地元の誰も知らないような、でも知る人ぞ知る小さな神社に導かれたような話(初めて瀬織津姫を知ったエピソード)

どうも最近は神社仏閣づいてます。日本の歴史や地元史や、神話とかに興味が出てきました。 でも。大体が日本の神話の神様って、なんかものすごく分かりずらいんですよね。漢字が分からないからフリガナで書いてくれって思うんですが、カタカナで言われるとま…

熊本県阿蘇の「垂谷の滝」に登ったらすごい道だった・・・

番号末尾5Zと5Yの、お札仲間を呼ぶという縁起のいい千円札を、地元ゆかりの神社のお賽銭にするという「ロードオブザリング」のような壮大な物語を完成させるため、国造神社に向かいました。 しかし、国造神社は過去に記事を書いているので割愛します。 そ…

「ぶらり地元旅」 #地元発見伝  また懲りずに噴火後の阿蘇山に登る

「ぶらり地元旅」 #地元発見伝 阿蘇市, 熊本県県道111号線 阿蘇山中岳火口 地元の魅力を発見しよう!特別企画「地元発見伝」 こんにちは、Mr.トーマです。 はてなストリートビューでは、秋の草千里ですが・・・ 例の阿蘇山噴火の後の某日。阿蘇は雪景色とな…

はてなお題 「ぶらり地元旅」 #地元発見伝 カドリーから出発して阿蘇山紀行

「ぶらり地元旅」 #地元発見伝 Google Maps 地元の魅力を発見しよう!特別企画「地元発見伝」 何と、「はてな」のお題をうけて画像を探したら、カドリー十二支苑内がありました!しかも桜の時期。 何というタイミングでしょうか、もともと阿蘇山紀行のブログ…

火山灰と龍に見えた阿蘇山の噴煙

(※この記事は、「アニマリュージョンブログ」の過去ログをコピーして加筆修正したものです。元時期は「火山灰情報と龍と思い込みと」という題名です。一番下に、リンク先を表示しておきます。) 今日は11月30日、今は朝の10時です。 阿蘇山は、まだ活…