読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新まにあリュージョン!

霊感なしのスピリチュアルオタク

熊本地震後の幣立神宮へ

そんなことないと思いますが、熊本地震も人工地震説があるのですね。 最初の震源地が、自衛隊健軍基地の真下だったとか。中には、日本の聖地である幣立神宮を狙ったのではないかなんて話も。 信じたわけではありませんが、狙ったと言われるくらいの被害があ…

アマテラスが3500年前の幣立神宮の末娘ですって!?

なかなか時間が取れなくて更新が滞りがちです…。 さて、私がよくチェックしている天下泰平ブログには、不思議なことがたくさん書いてあります。 2月29日の内容は、アマテラスという人物(神)は違う時代に複数人がいた、という話が出て来ます。ブログの著者…

神武天皇と応神天皇が同じだとしたら、幣立神宮が隠れ宮になった原因は神武天皇?

熊本の幣立神宮はミステリアスな神社です。 私の認識では、昔、船井幸雄さんがいち早くカタカムナ理論の「ケガレチ(気枯地)」と「イヤシロチ(弥盛地)」という言葉を広め、そのイヤシロチの代表格の一つが幣立神宮だと紹介されました。そのイヤシロチとい…

幣立神宮の巨木は片側にしか枝が張らないっていうけど・・・

スピリチュアルオタクのくせに現実的な考察をします。 幣立神宮には杉の巨木がたくさん生えています。それらの大部分は、片方側にしか枝が張っていない不思議な形をしていると言われ、磁場かなにかの影響かという人もいます。 特にこの木は裏五百枝杉と言っ…

幣立神宮の東御手洗で蛇を見かけた話

幣立神宮を参拝する人々の目的の一つは、神社の裏手を下って行くとある東御手洗の湧水なんですね。 柄杓があって飲める水が2つ別々の水源から湧いていて、その水が「八大竜王神の池」に流れていきます。2つの水の味はそれぞれ違うということですが、私は味…

久しぶりに幣立神宮に行って、やっと西御手洗を見つけた話

超久しぶりの更新です。 次に幣立神宮に行く時は西御手洗を探そうと心に決めていました。 そこで今回久しぶりに訪れたわけですが、何はともあれ西御手洗と、神宮に参拝するより先に国道向かいを歩いて探し回りました。 私有地に入らないとたどり着けないとか…

幣立神宮5 五百枝杉(いおえすぎ)など

幣立神宮紀行シリーズ最後は、ご紹介し忘れていた巨木の、五百枝杉(いおえすぎ)です。 神宮へのルートはいくつかあり、正面の階段から入ると見落とすかもしれません。見事な巨木です。確か、昔来たときは杉をはさんで反対側の道を通れたはずです。この杉が…

幣立神宮4 マッカーサーの十字架訪問?

幣立神宮には不思議なものがいっぱいあります。 聖徳堂のすぐ横にあった石碑。 何やら、文字が書いてあります。 昭和天皇と戦争終結にまつわるエピソードのようです。 「銃剣によって又は他の武器の使用によっては永遠の平和は樹立されるとは考えられぬ 勝利…

幣立神宮3 聖徳堂と、聖徳太子論

前回と同じ写真から入りますが・・・ 私は聖徳太子が大好きですから、ここに聖徳堂があったとはびっくりサプライズでした。 しかし多分、三国志の関羽廟のようなもので、ここに聖徳太子にまつわるエピソードとかは無いのでしょうね。 聖徳太子って、実在の人…

幣立神宮2 東御手洗など

前回の続きで幣立神宮のお話です。 東御手洗です。神宮本殿の裏手を下っていくとあります。 この2つの湧水は水質が違うらしいのですが、その情報も後でネットで知ったので、ここでは右側の水を頂きました。おいしかったです。 通は2本の空ペットボトルを持参…

超有名なパワースポット 熊本の幣立神宮紀行

最近の休みのことです。朝起きて、なんとなく幣立神宮に行こうと思いたちました。行くのは初めてではありません。前回はもう15年以上前になります。 地元の阿蘇一の宮町からは、阿蘇山のちょうど反対側にいくことになります。阿蘇山の東側ルートを通ると、…