新まにあリュージョン!

霊感なしのスピリチュアルオタク

仕事場でのショーの無料化と、それに伴う心情

(※この記事は、旧「超まにあリュージョン!」からの移行記事を一部加筆修正したものです)

 

なんだかもう、最近の身の回りの変化に驚いています。ここ最近の推移はというと・・・

  1. ショーの宣伝を人任せにしている場合ではないと思い、今年の8月下旬から、ブログ投稿を始めました。
  2. すると予想通り、他スタッフとは異色な文字ばっかりの記事になったので、思い切って個人投稿専用の無料ブログに切り替えました。
  3. どうせならと、恥や批判を覚悟で動物やショーと関係ない内容も気にせず投稿しました。
  4. すると、自分でも思わなかった方向に筆が進み、「お金儲けから逃げない」という決意表明(?)まで書いてしまいました。
  5. そしたら、ショーが無料化になってしまいました。

本当にウソでもなんでもなくショーの無料化は、寝耳に水の話だったのです。もちろん、無料化ありきでいきなりショーを中止したのではありません。

 

ここまでの経緯をスピオタク的に表現すると、「かくした欲望を認めた時、逆に欲望から開放されはじめる。」となります。

 

「欲のないフリをしても実は心の奥底で欲望だらけ」、これは最悪の状態です。

だから、私は少し前まで最悪だったのでしょう。

でもどうやら、恐れや欲望は、「認めることで吐き出してしまえる」ようです。

功法オタクは、これもまた認めないフリをするからダメなんでしょうね。

 

カに刺されているのに、「かゆくないと思えばかゆくない。かけばもっとかゆくなる。刺されていないと念じれば大丈夫。クスリなんか塗ったらもう、自分でかゆいって認めちゃうことになるから、もってのほか!かゆくない。私はかゆくないんだ!」って。

これだけ聞いたら誰でも「馬鹿じゃない?」って思いますが、こういうことを本気で信じてやってるバカが成功法オタクであり、過去の自分です。

 

実はスピリチュアルなことを頭の中では考えているのに、それを表に出すことは隠すとか。

どうも私は隠すとかそういうことにこだわらなくなった分、周りからみてどうかは別にして、スピ本とかを手当たり次第に読みたい欲求も減ってきたように思います。

 

話が変な方向に行っちゃいましたが、今回の料金改正は、変な無理やりなプラス思考で考えるわけではなく、自然に、いい方向にいけそうな気がしています。なぜならこれが、自ら「ひきよせた」ものに思えるからです。

 

(後略。中途半端ですみません。このスピオタ記事が本業のショーの検索にひっかかるのが嫌なので、ショーの宣伝部分をカットしています。)