読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新まにあリュージョン!

霊感なしのスピリチュアルオタク

熊本県阿蘇の「垂谷の滝」に登ったらすごい道だった・・・

番号末尾5Zと5Yの、お札仲間を呼ぶという縁起のいい千円札を、地元ゆかりの神社のお賽銭にするという「ロードオブザリング」のような壮大な物語を完成させるため、国造神社に向かいました。

 

しかし、国造神社は過去に記事を書いているので割愛します。

その時ついでに、この近くに知る人ぞ知る滝があるらしかったので、探してみました。

その滝の名は「垂谷の滝(たるたんのたき)」。

滝を探して、手野という集落の狭い坂道を車で登ります。だんだん道が狭くなり、遊歩道みたいになってきました。

最後は工事中の現場に行きついちゃって、行き止まりかと思われました。

f:id:mrtoma86:20141210223623p:plain

でも、どうもこの先は荒れてはいるものの、歩きならまだまだ登れそうです。ただし、この先が目的地の滝かどうかの保証はありません。

 

川沿いの道を登って歩きますが、だんだん道じゃなくなってきます。

f:id:mrtoma86:20141210223808p:plain

大きな岩ばかり。また、登山の始まり。

どうしてこう、最近の私は坂や階段があると登らずにいられないのでしょう。

「ナントカと煙は高いところが好き」っていいますが・・・

f:id:mrtoma86:20141210223949p:plain

こりゃ、本当の登山です。道がありません。もしかして、もともと道だったものが、あの阿蘇を襲った九州北部豪雨水害でこうなったのでしょうか?

もう、2000m級の山の8合目といってもいいような急な岩山です。

道、間違ったかな・・・

と思ったら、見えてきました。

 

f:id:mrtoma86:20141210224134p:plain

あの奥の岩肌の感じ。写真で見たことがります。

あれに違いありません。

 

 

f:id:mrtoma86:20141210224409p:plain

垂谷の滝!

なんだかここまで、道がオドロオドロしくて、変なものが写りそうで、写真撮るのも内心ビクビクしていたんです。

 

そこに現れたのがこの建物。

f:id:mrtoma86:20141210224543p:plain

行場って書いてあります。滝に打たれる修行の為?

なんか即身仏とかがいそうな気が。とても中をのぞきこめませんでした。

そんなチキン(まさに一人ぼっちの、ぼっチキン人)が滝のそばを覗き込むと…

 

f:id:mrtoma86:20141210224722p:plain

でた!

こ、これは・・・弁財天様?

私の好きな、音楽(芸能)と水の神様。

ここで出会ったことは、不思議な感じがしました。

 

しかしまあ、こんな人里離れた山奥に、建物はあるは、弁財天さまはあるわ、どこに行ってもマニアっているんですね。

いや、失礼しました。地元の方の大切な守り神なのでしょうね。

しかし地元探訪、本当に面白い。

 

子供の頃にブームに乗り遅れて、ファミコンすら知らずに社会人になって、プレステの出始め頃に初めてスーパーファミコンをやった時のようにワクワクします。

 

で、帰ってからネットで調べたら、どうやらやっぱり水害で道がなくなっていたようでした。

おかげで、道なき道をいくフロンティアスピリッツを味わえました。

山歩きは楽しいですね。

 

 

・・・ただし、人に勧めるかどうかは別ですが。