新まにあリュージョン!

霊感なしのスピリチュアルオタク

幣立神宮5 五百枝杉(いおえすぎ)など

幣立神宮紀行シリーズ最後は、ご紹介し忘れていた巨木の、五百枝杉(いおえすぎ)です。

f:id:mrtoma86:20141216131750p:plain

神宮へのルートはいくつかあり、正面の階段から入ると見落とすかもしれません。見事な巨木です。確か、昔来たときは杉をはさんで反対側の道を通れたはずです。この杉が、こちら側にしか枝が伸びない不思議な木という人もいますが、反対側には切り取られて養生の為にコンクリートのようなもので固められた大枝の跡があったと記憶しています。

 

特に植林のか細い杉しか見たことない人には、この枝の数は驚きの光景です。

 

東御手洗に下る途中にある巨木は、この杉の妹杉で、直接触れます。

ただその裏五百枝と言われる杉はでっかすぎて森の中では写真に納まりません。なので写真はありませんが、ぜひ見に行かれることをお勧めします。

 

その裏五百枝のそばには、こんな立札が。

f:id:mrtoma86:20141216134009p:plain

インドの修行僧…

こんな看板を見ちゃうと、勘違いスピオタクは大抵、この修行僧は自分の前世かも、とかバカなことを考えますね。

皆さん違いますよ。だってこれは、私ですから(笑)。

 

冗談はさておき、残りの写真は、ご紹介しようと思ったのですが、やめます。

実は、聖徳堂の方面を探検していたら世界平和道場に行きついたのです。

だれもいないようなので門の中に入って写真を撮ったりしましたが、これはもう「よそんちの庭」なのかもしれませんからね。

入ってはいけなかったのだったら、関係者の方、ごめんなさい。