読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新まにあリュージョン!

霊感なしのスピリチュアルオタク

上杉謙信って、不動明王じゃなくて毘沙門天を信仰してたんだっけ?なんて考えてたら・・・

新潟県上越地方出身の私は、例にもれず上杉謙信が好きなわけです。

だから普通に調べもせず、謙信不動明王を信仰していたという雑学的知識を持っていました。

 

f:id:mrtoma86:20141230215828j:plain

フリー画像を拝借。四国のお寺の不動明王のようです

 

最近になって、「あれ?謙信の旗の『毘』って、毘沙門天のことだっけ?私が不動明王信仰だと思っていたのは、勘違い?」と、ふと思いました。

さっそくネットで調べました。

すると、毘沙門天不動明王は違う神様だけど対になって同時に信仰される神様らしいんです。私の知識は最大公約数的というのか、まあ間違ってはいなかったということになります。

 

ついでに、「ひすとりびあ」というサイトを見つけました。(相変わらず、トラックバックがよくわからないのですが、勝手に引用してます。すみません。フェイスブックの「いいね」は押しておきました。)

戦いの際に使っていた旗印はいくつかあり、有名な刀八毘沙門の「毘」一文字の旗は「戦の加護と勝利」を懸かり乱れ龍の「龍」一文字の旗は敵に総攻撃を仕掛ける時に本陣に立てられました。他には紺地に日の丸が描かれた旗もありました。ちなみに「龍」の文字は不動明王を表します。

 

 私には、このついでがびっくりでした。また龍です。龍の情報アンテナを、私が無意識に張りすぎているんでしょうか。

そして例の、瀬織津姫不動明王です。不動明王瀬織津姫の化身らしいのです。

龍と水が最近の私のキーワードです。

 

水と言えば、これもふと思うこと。

これを書いている12月28日は、阿蘇市一の宮町ではまあまあの火山灰が降りました。灰って言うけど、これは砂です。

昔、「なるほどざワールド」ってクイズ番組があったでしょう。

イスラム教徒の方がお祈りの時間に水で手を清めるかわりに、砂で手を清めるっていう回答のクイズのがあったんですね。どう考えても砂って汚い物のような気がするんですが、水の次に清らかなものだって考えもあるだなと、妙に印象に残っています。

 

これについては完全に思いつきで何の裏付けもないのですが、火山灰も考えようによっては、浄化のエネルギーなのかなってプラス思考をしてみるわけです。

相変わらず、風になびく長く大きい迫力の噴煙が、私には龍の胴体に見えてしょうがありません。

瀬織津姫が一見すると真逆の不動明王と弁財天両方の化身ならば、同じ理屈で火山灰も水のエネルギーが変換されたものじゃないのかな、なんて考えちゃいました。