読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新まにあリュージョン!

霊感なしのスピリチュアルオタク

逆パワースポットは信じません(笑)

(※この記事は職場のブログから移行して、一部加筆修正したものです。)

 

お正月は普通に神社関連の話題が多いですよね。

私が以前、このブログで書いた「逆パワースポット」という言葉が、お正月あたりは検索ワードでちらほらあるんです(注:現在この記事は削除しました)。

私は何の気なしに自分の仮説として使った単語ですし、まあ今考えたら恥ずかしい記事ですが。で、せっかくならとその言葉を逆引きして調べたら、どうも陰陽五行論の見地から、自分と相性の悪いパワースポットがわかるということらしいんです。

 

水・火・地・風・空が万物のもとで、お互いに相性や強い弱いがあるジャンケンみたいな関係があるのが陰陽五行論です。

これを発展させた話で、自分の属性を調べることができるやり方があるんですって。誕生日と血液型から割り出せるのですが、私は「水」でした。

 

で、相性の悪い逆パワースポットはというと、火と地の場所。近隣では火は阿蘇山で、地は以前ご紹介した国造神社だそうです。

これには全く納得がいきません。

大体、阿蘇山の「火」は分かるとして、国造神社の「地」ってナマズ伝説から地震のイメージで決めたのじゃないかと思います。

まあそれは許すとしても、自分の属性を決めるのに、血液型って。

「A型は足し算に1を加えてください」って、中国4000年の風水の話ですよね?

 

大好きな阿蘇山国造神社が、私と相性が悪いわけがありません。

 

科学の時代に、こんな非科学的なこと信じたら、バチが当たります!*1

 

f:id:mrtoma86:20141127140933j:plain

そんな非科学的な話、ヘソが茶を沸かすわ!(談:涅槃像)

・・・私こそバチあたりでしょうか?

 

*1:バチの方がよっぽど非科学的だろ!・・・ってツッコミまで含めて、このセリフは小林よしのり作「おぼっちゃま君」のパクリです。