読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新まにあリュージョン!

霊感なしのスピリチュアルオタク

未は麒麟ではなくてしし座だった話

ただのネタだと思ってください。

珍しい形の雲を見つけたので、職場のブログで記事を書きました。元の記事のかいつまんだ内容から書きます。

 

まずは、キリンビール麒麟のイラストが反対を向いていると想像してから、この雲の写真を見てください。

 

 

f:id:mrtoma86:20150108204139p:plain

これ、麒麟っぽくないですか?

 

私は自分の頭でものを考えるのが好きなんです。

だから、ピンとひらめくものがありました。

今年の干支は未年でしょう。でも、昔の日本でヒツジって何か違和感があるし、雲を見ているうちにヒツジって本当は麒麟の化身なんじゃないかって仮説を立てました。

 

そして、ネットで調べました。

すると・・・

ヒツジとキリンは

何の関係もありませんでした。

 

 

ここからが追記ですから、大爆笑してないで読んでください(笑)。

その後、たまたま十二支と西洋占星術の12星座に共通点があると知りました。

それによると、未年は、しし座にあたるんですって。

ということは、これはしし、つまりライオンだったのでしょうか。

だからなんなんだって話です。だって、それを知っても何のメッセージ性もないですからね(笑)。

ただこの珍しい写真を、このブログにあげておきたかっただけです。

 

ちなみに、干支の最初のねずみ年が星座ではやぎ座に対応します。あとはそのまま普通の順番で対応していきます。

ついでに、この方法で自分の対応を調べました。

私の星座のみずがめ座は丑年にあたり、生まれ年の酉年はてんびん座にあたります。これからは占いをする時、どこを参考にして生きていけばいのでしょうか(笑)。