読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新まにあリュージョン!

霊感なしのスピリチュアルオタク

阿蘇の乙姫様伝説と、国造神社のお妃さまとの気になる関係

「梨木平の桜」さんのブログの内容には本当に良い意味で驚かされっぱなしです。

連絡を取りたいのですが、いろんなパソコンの設定上の関係で唯一の連絡方法であろうブログへのコメントができません。ヤフーにログインできない環境なので。

 

申し訳ないと思いながらいろいろ引用させて頂いてますが、今回びっくりしたのは、高森の草部吉見神社と阿蘇一の宮神社の関係を表す家系図(神系図?)が、阿蘇神社のものと微妙に違うことです。そこには何と、乙姫という名前が入っています。

無断リンクですみません(どなたか、この桜さんと知り合いの方はいませんか?私は怪しいものですが(笑)、素性はあきらかです。阿蘇に住んでいます。せめてリンクの許可を頂きたいので。)

blogs.yahoo.co.jp

 

このリンク先の資料によると、草部吉見神社の国龍神(=彦八井命)が天女と浮気してできた子供が「乙姫」様で、その乙姫様と国造神社速瓶玉命は夫婦となっているのです。

ということは、妃神である雨宮媛命=乙姫様ということでしょうか。

 

阿蘇の乙姫神社の祭神である、阿蘇での伝説の乙姫様と言えば、速瓶玉命の娘神である若比咩神です。

ついでに天女伝説も食い違いがあり、国龍神ではなくその息子、つまり阿蘇津比咩の兄弟の新彦命の話であり、天女とは実は弥比咩神だという方が定説です。

 

どちらにしても、阿蘇や草部関連の神様は女性が何かキーワードになっているのは間違いないですね。

天女の息子(健磐龍命)の妃神が瀬織津姫と同一神とみなされる阿蘇津比咩で、そのまた息子の速瓶玉命の妃神が水の神様であり乙姫様かもしれない。

 

これらを考えるにつれ、確証はないですが、仮説が立ちます。

それは、この代々の妃神は巫女であり、龍神(水神)様とコンタクトをとれる存在だということ。

もっと言うなら、やはり瀬織津姫は「瀬織津姫大神という名の水神龍」に仕える巫女のことではないかという仮説です。

 

余談ですが、動物トレーナーというのは動物に食べさせてもらっているのだから、動物に仕えているという考え方もあります。

特に、江戸時代の鷹匠徳川家康の趣味の為の鷹を管理飼育するのだから、主君に仕えるように鷹に仕えるということです。

さらに飼育管理と訓練の難しさから、今でも鷹匠は「鷹に仕えよ」という心構えが必要だそうです。

 

私はクマのトレーナー時代は、お客様とすれ違いざまに「あ、さっきのクマの人だ。」って言われましたし、最近では「さっきの犬の人」とか言われます。

巫女なら当然「あ、龍の女の人」ですね(笑)。

 

冗談はさておき、ヤハウェの神様の分け御霊、この世に使わされたイエス様は生身の人間であり、言ってみれば自分がヤハウェなのに地上では神様に祈り、亡くなると自分が神様として祭られる存在になるというのが瀬織津姫にもあてはまるのではないかと考えます。

しかしもちろん、こういった私の仮説は、あくまで一人ブレーンストーミングのようなものです。乙姫神社の伝説は間違いで、私の説が正しいから信じなさいと言っているわけではありませんから念のため。