読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新まにあリュージョン!

霊感なしのスピリチュアルオタク

行き当たりばったりでたどり着いた十根川神社とその大杉と、ついでに白滝

今時珍しいかも知れませんが、私はカーナビを持っていません。

道はスマホで調べることもできるのですが、休日はあまり頼りすぎずにプチ冒険ドライブ感覚です。

一応、目的地はあります。この日は宮崎の五ヶ瀬方面。祇園神社と妙見神社です。

で、何を間違えたかもっと先の椎葉村まで行ってしまいました。田舎の一本道は流れがスムーズどころか殆ど道を独り占めなので、つい行き過ぎたと思っても、まあいいやと思ってしまうんですね。もっと言えば、どこに連れて行かれるのだろうという軽い期待感もあります。

特に最近の私にはとっては、神社は縁があって呼ばれていくものというジンクスがあります。その方がなんだか御利益がありそうだという都合の良い解釈ですが。

 

で、看板を見て、大きな木がある情報でたどり着いたのが十根川神社です。

f:id:mrtoma86:20151117224612p:plain

また、わざわざ虹っぽい光が入った写真を選択してみる私(笑)。

御神光とかではなく、逆光の具合です。

 

f:id:mrtoma86:20151117225146p:plain

この大杉は迫力がありました。

 

f:id:mrtoma86:20151117225252p:plain

拝殿も立派です。

こういう朱色の神社は私はあまり見たことがないです。

しかしやはり、木に魅力を感じます。

 

f:id:mrtoma86:20151117225505p:plain

国の天然記念物なのですね。

 

椎葉だけにしいて言えば、この木を見ることができたことと、ここに平家の落人の逸話があると知ったことですかね。

というのも、失礼な話ではありますが、河童伝説の河童は、実は平家の落人を見間違えたのではないかという説があるのですが、そういう人たちが九州にいるとは知りませんでしたから。

 

でも、やっぱりここまできて想像するというか肌で感じるに、平家と河童は見間違えないでしょうね。

私もこれ以上、平家を追って奥地へは深入りすることなく、元の目的地にUターンしました。

 

私は滝も好きです。ここまで迷い込んだ帰り道に、また近くに滝があると知りました。今行かなかったら一生行かないだろうと、ここも寄り道しました。

山道をどんどん登って行くので、少し後悔し始めました。すると。

f:id:mrtoma86:20151117231319p:plain

突然目の前に小さな滝が現れました。これは近くまで行けそうです。

 

f:id:mrtoma86:20151117231433p:plain

ええ、選びました。

また光が入る角度を選びましたとも。それが何か?

 

虹色はさておき、逆光になるので木洩れ日がきれいなんです。

天使の通り道っていうのでしたっけ。雲の切れ間からさす光。

時間的には、いい時に呼ばれたんです。きっと。

もうきれいなので、ここだけでもいいかなと思いつつ、さらに山道を登って行きました。

 

f:id:mrtoma86:20151117231211p:plain

またかとお思いでしょうが、あざとくピンクの光。

 

f:id:mrtoma86:20151117232201p:plain

紅葉はまだ始まったばかりでした。

 

近くまでは行けず遠景を眺めるだけなのが少し残念ですが、落差は非常に大きくて上品な滝でした。本格的な紅葉の時期は人も多くなるでしょうから、まあいいタイミングだったのでしょう。

 

私的には、最初のの小さな方の滝が好きでした。

度胸と健康があれば、打たれることも可能なのではないかと思いました。

次回は目的地の、祇園神社へ。