新まにあリュージョン!

霊感なしのスピリチュアルオタク

元日の阿蘇神社に行ってきました

本当に久しぶりに、暖かく過ごしやすいお正月となりましたね。

そのせいでしょうが、夕方の5:30くらいまで阿蘇神社へと続く国道の渋滞がありました。きっと、渋滞はもっと遅くまで続いていたと思います。

裏道を知っていると簡単にたどりつけるのですが、有料駐車場に入る為に皆さん正規ルートで来るのでしょうね。このカーナビ全盛期に。

地元のお店や小学校のグラウンドなど、この時期だけ無料で停められる場所は近くにたくさんあるのですが、道をよく知っている地元の人でないとかえって迷います。だからネットで情報を流すのははばかられます。

 

そういうわけで神社の境内は、道の渋滞の割には、思ったほど混んでいませんでした。

f:id:mrtoma:20160102181649p:plain

日が暮れるギリギリ前くらいに到着。

楼閣の前には、行列がありません。

 

f:id:mrtoma:20160102181854p:plain

お正月は、御手洗が竹で延長されるのですね。

初めて見ました。

 

f:id:mrtoma:20160102182033p:plain

楼閣をくぐったところから列になっています。

しかし拝殿は横に広いので、行こうと思えばすぐにお賽銭を投げられるくらい近くに行けます。みなさんのマナーの良さには驚かされます。

 

私は、列に並びませんでした。今日は下見です。

三が日が過ぎて、少しすいてから改めて古いお札を返して参拝し、新しいお札を買いに来ます。

f:id:mrtoma:20160102182850p:plain

阿蘇神社は、真ん中の拝殿の両脇に、男性神と女性神が分けて祀られています。

こちらは向かって右の、女性神の拝殿です。普段は中を見ることができる入口が、この日は閉じられていました。きっと、混雑するから参拝はできれば真ん中の拝殿だけにしてくださいということだと思います。

 

しかし、改めて見るこの看板。

f:id:mrtoma:20160102183412p:plain

阿蘇津姫様!

 

阿蘇津姫が瀬織津姫だという話を知った後ですから、また特別な思いです。

 

話はそれますが、12月に阿蘇神社に訪れた時のこと。この「二の神殿」の前に立っている、少し年配の身なりの良い女性がいました。心の中で、早くどいてくれないかな、何て思っていたら、その女性の連れの男性が現れて、「どうしてそんなに突っ立ってるの?」と女性に聞きました。女性は「え?あ、うん。なんかすごい、気を感じるから。」と答えていらっしゃいました。

その女性が去った後、すぐに同じ場所に立ってみました。

すると、すごい気を、感じませんでした(笑)。

霊感なしのスピオタですからね。それでもここは、いつまでも立っていたくなる場所です。

長時間立っていても迷惑にならない時期に、また来ます。