新まにあリュージョン!

霊感なしのスピリチュアルオタク

阿蘇から高森の道沿いで、ずっと気になっていた天狗神社へついに行ってみた

私だけじゃないと思うのですよね。

阿蘇の坂梨から高森町に行く国道265号線の、「天狗神社」の案内版が気になるのは。

で、ある時行ってみました。といってももう昨年10月の話ですが。

f:id:mrtoma:20160105155444p:plain

 

この案内板を頼りに入ってみると、道はすぐに細くなりました。

そして定期的に、私道ですので天狗神社参拝の方以外は通っちゃダメだという案内の看板がありました。

ということは、この道で会っているのだろうなとは思いながら、車一台がギリギリのコンクリートの道を上ります。

コンクリートの道は、普通とは逆に、道の真ん中がへこんでいるUの字になっています。

道の両側はところどころ山を少し削って作ったような感じで低い土手なので、雨が降ったら道に雨水が流れ込むのだと思います。きっとその雨水が、わだちを塞いでしまわないように、真ん中に流れていくように計算されているのでしょう。

 

スピードも出せないので、時間が長く感じます。ここで離合の車があったらもうアウト、何十mもバックで引き返さないといけないのだろうなと、半ば後悔しながらひたすら進みます。

 

国道からは予想以上に遠いので(それでも実際は10分くらいでしょうか)、心細くなり、いきなり道沿いに手作りだけど大きい鳥居が見えた時はもう、写真を撮るのさえ忘れていました。

階段を上ると、社務所というか、物置きのような建物があります。

f:id:mrtoma:20160105161617p:plain

ドアを開けてはみますが、中に入る勇気はありません。

由緒の手掛かりは何もありませんでした。

 

最後の階段(?)を上ると・・・

f:id:mrtoma:20160105162017p:plain

祠があります。

郵便受けがありますが、ここまで郵便屋さんは来ないでしょうね(笑)。

 

祠の中は・・・

f:id:mrtoma:20160105162307p:plain

本当に天狗です。

鼻が長いのが写真では分かりづらいですが、あんまり祠の中にスマホを突っ込んで撮るのも失礼かと思い、これがギリギリです。

 

推測ですが、ここはアタマがギザギザの根子岳の、麓に近い方のギザギザの一つの頂上(尾根といえばいいのでしょうか?)なのでしょう。

ここまで来てしまえば、気持ちのいい場所ではあります。

 

ただ、もう一度行くかどうかは、謎ですね。

結局、謎が一つ減って、謎が一つ増えた天狗神社でした。