新まにあリュージョン!

霊感なしのスピリチュアルオタク

蘇我氏とスサノオと出雲の話題から、ローカルな草部吉見神社の謎解きのヒントが・・・

関裕二さんの本を、読んでいます。

聖徳太子蘇我入鹿である」は面白かったですが、ちゃんと内容を理解したかと言えば、甚だ自信がありません。

しかし聖徳太子は実在しなかった可能性が高く、日本書紀を編纂した藤原不比等らが蘇我氏を貶めるために、蘇我氏の偉業を聖徳太子の偉業にすり替えたという大筋はわかりました。

完全に蘇我の入鹿とイコールと思ってらっしゃるのかは、私の読解力ではよく分かりませんでした。蘇我氏系譜に間にもう一人別の蘇我善徳という人がいて、その人物から悪人を蘇我、偉業を聖徳太子にしたということなのか、そこいらを理解する前にある程度満足しちゃいました。だって、善徳と言われたって、今の私には「それ、誰やねん!」ですから(笑)。

 

もともと私が蘇我氏について、不思議に思うのは、「蘇我蝦夷」という人名です。

蝦夷って、昔の人の東北や北海道に対する蔑称から来てるのじゃなかったっけ?と誰もが思うような疑問がスルーされているのが不思議でなりませんでした。

蝦夷(えみし)」とは、瀬織津姫が「エミシの国の女神」と言われるのと何かつながりはないのかと常日頃考えているからです。

 

そこで「蘇我氏の正体」という、やはり関裕二さんの本を読みました。結果的に、蝦夷という名前については記述はなかったようですが、この本は面白かったです。

 

蘇我氏の正体 (新潮文庫)

蘇我氏の正体 (新潮文庫)

 

 

同じく私の読解力に不安はありますが、蘇我氏はもともと由緒正しい日本の有力な豪族で、その祖先はスサノオとつながりがあり、逆に有力な先祖を持たない中臣鎌足藤原鎌足)によって貶められたという、最初の本の続編のような内容でした。

 

スサノオは「スガ」から来ており、出雲大社では本殿の裏側にある素鵞社(そがのやしろ)に祭られています。これは私は実際に目にしたことがあります。

さらに、飛鳥という地名も「あ そが」から来ているという説があるそうです。

昔は弥彦(ヤヒコ)を「イヤヒコ」と読むような感じで、頭にゴロがよくなるように母音をつけることがしばしばあったようです。

私は「まさか、これって、阿蘇(あそ)と関係ないよね。」って思いました。まあそこは保留ですが、飛鳥文化と言われる一時代は、蘇我文化と言い換えられるくらいの影響力があったということでしょうか。

 

しかし、一番びっくりしたこのくだりです。

大己貴神が国譲りを承諾する直前、事代主神は天つ神たちの要求に対し恭順の意を示しつつも、海の中に八重蒼柴(やえのあおふし)の垣根を作り、船を踏み傾けて水中に没していったという。

これが呪いの呪術であったことは、「古事記」の記述からはっきりしている。それによれば、事代主神言代主神)は、水中に没するとき船を傾け、「天の逆手」を打って船を青柴垣に変えて沈んでいったというのである。

ここにある「青柴垣」は、魚を捕る籠のようなもので、また「天の逆手」とは、逆の手で柏手を打つ呪術に他ならない。これこそ、国を乗っ取られた恨みとともに海中に没したという暗示にほかなるまい。

なぜこれが一番びっくりしたかというと、この垣根の儀式が、奥阿蘇の草部神社の祭りで使われるものとそっくりだからです!

 

草部吉見神社についての著書を出している山村氏は、この知識もあって「阿蘇神話街道」の本を出されたのでしょうか。

f:id:mrtoma:20160107205830p:plain

急にローカルな話題になりますが、山村氏は草部神話とスサノオの関係について言及されているのです。

で、私は、その本を読んだ上で「いくらなんでもそんなに都合よく結びつかないだろうな」と考える派でした。しかしまあ、蘇我氏スサノオと、阿蘇の神話の話題にそれぞれのヒントになる話が全く別の切り口から登場するとは。

やっぱりこれも引き寄せなのでしょうか。

蘇我氏の話が中途半端ですみません。

多分、次回に理解が進んでいたら書きます。

しかし、草部吉見神社の件も考えないと・・・