読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新まにあリュージョン!

霊感なしのスピリチュアルオタク

地震でご心配をかけた方々へ。とりあえず、近況です。

熊本を襲った大地震

阿蘇に住んでいる割には、まだ被害は少なかった方の私ですが・・・

14日の熊本市内の地震は結果的に前震だったとのことですが、15日深夜の阿蘇地震は本当にびっくりしました。

停電になったので電気がつかず、とりあえず手探りでケータイを探し、家族ともども車の中へ。その日から5日間は、夜は家にいるのが怖くて家の目の前で車中泊でした。

我が家は水が完全に止まったのは半日くらいで、水道からは泥水が出たので浴槽にためて置き、おかげでトイレの心配だけは大丈夫でした。これがダメだったらきっと最寄りの学校に避難していたでしょう。

 

15日の朝に家に入ることはできたので、用心しながら停電している冷蔵庫の残り物を出し、その日はなんとか食いつなぎました。

水分は、これもペットボトルの2リットルのお茶があったので、その日は大丈夫でした。

しかし、ガソリンが困りました。最初の車中泊で、かなりゼロに近くなってしまいました。口コミで開いていると知った最寄りのスタンドで、2時間以上待って、やっと限定10リットルの給油がかないました。

それでも心もとないので、次の日に別の場所で給油に並ぶと、4時間待ちでした。それでも情報のない中で開いているスタンドに並べただけラッキーでした。また10リットルの給油。停電なので、くるくると手動でポンプを回して

給油するというのも、まあ得難い経験ではありました。

 

停電続きでしたが、田舎なので都市ガスではなくプロパンです。

水は、さすが九州の水がめと言われる阿蘇、至る所に湧き水があります。

阿蘇神社近くの水を汲んできて、土鍋でお米を焚くことができました。

お風呂は4日間は入れませんでしたが、湧き水で頭を洗うくらいはできました。あえてプラス思考で行くならば、しずかちゃんに生まれてこなくてラッキーでした。

 

私は普段、仕事がある時はほとんど一日一食なのですが、こんな時は逆に、保存もきかないので一日3食になりました。贅沢はいえないのでしょうが、炭水化物ばかりの食事が続くと、なんだか体がだるくなります。

情報を求めてたまたま避難所に立ち寄った時、一家族に1パックのイチゴが配られていて、これは本当にありがたく頂戴しました。

普段はほとんど食べない、バナナとかが無性に食べたくなります。スザンヌさんは正しいと思います。

 

近所のホームセンターは、停電してる上に陳列物が倒れたり落ちたり割れたりでで大変なのに、翌日、駐車場に主に避難用グッズを並べて営業をしていました。それでも中に入れろと苦情が殺到したので、次の日は、懐中電灯とヘルメットを店内で使う用に貸出していたとのことです。

しかし、細かい注意も聞かずにその懐中電灯をそのまま持っていてしまう人が後を絶たず、しまいにはそのホームセンターでは懐中電灯を無料で配っているというデマになりました。

デマが作り上げられていく瞬間に立ち会えたというのも、なかなか得難い経験です。

 

そうこうしている間にも、しょちゅう地面が揺れました。

スピリチュアオタクとしては、日本列島は龍の形をしていると言われるとおり、本当に龍の上で生活していたのかなと思ってしまいます。

SFマンガとかでよくある、無人島かと思っていたら大きな生き物の背中に乗っていたというオチのように。

 

阿蘇神社は、楼門倒壊の話を聞いて、すぐに行ってみました。

愕然としました。

同時に、もっと古くてもっと年季の入った感じのあの国造神社はどうなのかと心配になりました。心配もそうですが、ナマズの霊が祀られているという神社ですから、すぐにでも参拝に行きたかったのですが、外輪山沿いはこの時期に冷やかしで行くべきではないと、がまんしました。

昨日、やっと行ってみることができました。拝殿も本殿も無事でした。

阿蘇神社国造神社のことは、また後日。

 

あ、そういえば、たまたまこのブログの、阿蘇神社の銅板寄進の話題を見た報道関係の方がいらして、その記事の写真を使わせてもらえないかというコメントがありました。私がこのブログを開いたのは、地震後、昨日が初めてでした。考えてみたら、スマホからも見れるはずなのに、それすら忘れていたのは、やはり気が動転していたのでしょう。

もし、私のブログの写真を報道、特に阿蘇の復興に関わる報道に使いたい方がいらしたら、どんどん使ってくださいね。